Never Withered Flowers

宝塚歌劇団と2010年代のK-POPを愛する、20代会社員のブログ。星風まどかさんと芹香斗亜さんに心を奪われています。

フライングサパを観て、やっぱり星風まどかちゃんが好きだな、と思いました

サパを見た感想をツイートしようと思って書き始めたら、思っていた以上に長くなったので、ブログで成仏をば(笑)

サパについてはまた書きたいんですが、それはれいまどがお披露目してからかな、となんとなく考えてます。私はサパのまかまどが好きすぎて、今書くのは違う気がしている…。

 

---

ミレナは自分の実の両親の記憶はないし、記憶を取り戻した後もあんまり思い出したい記憶ではないよね。彼女にとっての母親イメージは、テウダなんだろうな。総統の娘であることがばれた後も、優しく子守唄を歌ってくれたテウダ。服を繕ってくれたテウダ。

ミレナがブコビッチを看取る姿が、私には聖母のように見えるのだけれど、そのとき彼女はテウダの子守唄を歌うんだよね。憎んだ育ての父を受け入れて子守唄を歌うミレナに、凄まじい包容力を感じるし、テウダの子守唄はミレナにとって大きな救いだった、だから歌ったんだろうな、と思って切なくなる。

で、まどちゃんはこういう、誰かを受け止める役が本当に似合うと思うんだよ〜。

アーニャもそう。グレブに真正面から対峙し、グレブを彼女は否定しない。敵対するグレブに対して「あなたも(略)忠実な良心を持ったロシア人よ」と言うし、「ロマノフは全てを与えられ、そして何も与え」なかったことも否定しないのよ。そして、だからこそ、皇帝の娘である自分を殺しなさい、と言う。

強い芯と包容力を感じさせる娘役さんだから、この場面が生きたんだよなあ、とファンの贔屓目でずっと思っています。大好きだ〜。

あと少女性!もしかしたらご本人はそれを気にされてるかもしれないけど、少女性って出したくても出せるものじゃないから…だからこその色気もあると思ってる。異ルネは作品自体はnot for meで、それはカテリーナの周りの男はカテリーナ自身に向き合ってないから。ダビンチですら、夢の中の少女の面影を探してばかり。

でもそれは、彼女の性質は変わっていようとも、やっぱり失われない少女性があるから、かつての理想像を押し付けてしまうんだろうな、と思ったりもする。そういう意味ではまどちゃんだからこその役だったのかなあと。にしても、カテリーナに対してひどすぎる話ですけれど…(笑)

オーシャンズのテスもね!あのグリーンのドレスで歌ってるときとかは不思議な少女性が発露されるの!観劇したとき、私はまだまだまどかちゃんについて知らなかったけれど、これはモテるなあと思ったものです…。ある意味「魔性の女」みたいな性質があるようにも思います。

これからも、いろいろなお役を演じるまどかちゃんを見られたら幸せです。

星風まどかちゃん 花組トップ娘役就任

ついに2021年7月5日となりました!

 

星風まどかさん、花組トップ娘役就任、心からおめでとうございます♡

 

これからも、まどちゃんの多彩な魅力をたくさん見せてください〜!

どきどき、わくわく、そわそわ…!

 

取り急ぎ!

宙組「シャーロック・ホームズ –The Game Is Afoot!–」@宝塚大劇場

今回の二本立ては、アナスタシアでようやくキキちゃん沼に落ちた(その前から好きだったけど、沼落ちをようやく認めたのがアナスタシア(笑))私が言うのはあれですが、芹香斗亜ファンなら何度見ても楽しめちゃうのでは…??

 

というのが初日の感想でした。

 

そう!初日を観劇したのです!人生で生まれて初めての初日!

いつも以上に、組子と観客が一体になって舞台を創り上げているようで、とーっても楽しかったです。拍手のタイミングや笑うタイミングを探る感じも、初日ならではかな、と。

 

まずはシャーロック・ホームズから。ネタバレするよ!

 

話はね、ツッコミどころもあるんですよ、たぶん。…すみません、キキちゃんを見るのと、水音志保ちゃん(ひろこちゃんについては後述…)始め下級生の娘役ちゃん探しに必死で、ちゃんとセリフ聞けてないところがあるww

 

でもねでもね!とにかくキキちゃんモリアーティが良いのです!

初日、かっこよすぎてオペラを持つ手が震えたよー。

 

まず声を発したとき、その声のトーンにびっくりしました!少年みたいな可愛らしい声で話すんです、しかも一人称が「僕」。

少年のような純粋さで、無邪気に悪を企み楽しんでる感じ。悪事への興味に混じり気がなく、きらきらした楽しそうな目をするんですよね。

と思いきや、老成したような雰囲気を漂わせる瞬間もあり、ベールに隠された人物像だと思う。そこが面白い。

生田先生のおっしゃる通り、良心の呵責のない悪役がこんなにも似合う人なんだなあ、と思いました。好きだ〜。

人間のことを根本から信じてないし、しどりゅーくん(紫藤りゅうさん)演じるお兄さんもそんな感じだけど、過去に一体何があったんだろう?原作は全く読んでないんだけど、読んだらそのあたりも分かるかしら。

 

かっこよくて(ときどき可愛くて)たまらないシーンを箇条書きしますね。順不同。

  • 「(ホームズと)似た者同士」と心底嬉しそうな笑顔で言うキキちゃん(この台詞自体が好き)
  • ホームズに「グロテスクだ」って言われたときの表情の切り替え
  • 高笑いキキちゃん(悪役やってんな〜!となります)
  • 植物みたいなデザインが赤く入っている燕尾(なのかな?)を着ているときの背中
  • ホームズの夢の中で、お立ち台(?)の上からホームズを見下ろす冷たい視線
  • 鎖の両端を持って踊るキキちゃんとずんちゃん(これは夢なのかな?と思いました。キキずんって舞台上での絡みが少ないじゃないですか!)
  • 潤花ちゃんアイリーンの頭を撃つときの、表情のない瞳
  • というか、ホームズの夢の中のキキちゃんモリアーティの全てが好き…。どのシーンのキキちゃんも好きですが!
  • 秘密基地(?)を紹介するキキちゃんのお歌
  • The Game is Afootの全て…!キキちゃんだけ銀橋に出て、本舞台にモリアーティチームが並んでいる構図が好き。からの、銀橋に真風さんとキキちゃんが並ぶんです。最高にテンションが上がる(このナンバーが本当にかっこいい。モリアーティチーム→ホームズとモリアーティ→ホームズチーム、という流れ自体にわくわくしちゃう。ホームズチームも良いのです。真風さんと歌う、ルイマキセくんの強力な歌声が個人的な見どころ/聞きどころ)
  • 同じくThe Game is Afootの指を指すだけの(なのにとってもかっこいい)振り
  • 変装したおひげのキキちゃん(ダンディーで素敵です♡)
  • ホームズと闘う場面、剣を出す姿
  • (初日は2階席だったからよく見えたのですが、真風さんがキキちゃんの手首に鎖をつけるのに少し手こずったのか、半ばキキちゃんから鎖を着けに行ってたのが可愛かった(笑))
  • ラストシーンの登場の仕方(生田先生ありがとう)
  • 最後の微笑み(私の目には、ただただ美しい微笑みです)

ざっとこんなところかな…まだまだあるのに、本当に記憶力が悪くて。これから複数回見るので、補完してこー。

 

キキちゃん以外にも触れさせてください。

 

真風さんはもうね、言うまでもないです!相変わらずのブレないかっこよさ。佇んでいるだけでナチュラルにかっこいい。誰がどう見てもトップスターの風格です。

ちょっと変わり者なところもよかったなあ。221Bにいるときのホームズがツボです(笑)憎めない感じ。でも部屋で発砲するのはやめようね!?

 

潤花ちゃん。やはり背が高くて、華やか!大人っぽい落ち着いた声色が素敵。今回お衣装も素敵ですよね、色味もよく似合うなあと思って見ています。

お歌を勝手に心配してましたが、どんどんお上手になっているように感じます。これからも頑張ってください、応援しています!

 

ずんちゃん。好きです!!稽古場映像を見たときは、ヴラドのデジャヴ…と思ったんだけど、実際舞台で見るとそうでもない(真風さんと2人で並んでるのを見ると思い出したりもするけど)。原作は読んでないけど、ホームズと対比したときに常識人という感じがする。

じゅりちゃんとのカップルも本当に可愛かった〜!阿吽の呼吸。

 

ということでじゅりちゃん。

本当にお芝居がお上手なこと…!夢千鳥の他万喜からの、このお役です。

セリフもね、素敵なセリフがいっぱいでよかったね〜!と勝手に感動してました(笑)それに説得力を持たせるじゅりちゃんの力。

ワトスンとのカップルとしての力のバランスもちょうど良くって、お似合いだなあと思います。

ずんじゅりで歌う場面は、海外のハッピーミュージカルみたいな!とにかく可愛くて、ラブラブで、幸せをもらえます。

 

そらぴ。

初日は、もみあげー!!!となりました。

そらぴも相変わらずお上手なこと…。やっぱり歌声が良くて!すごく良く通りますよね。

アナスタシアではリリー、夢千鳥では夢二。今回はレストレード警部。どれも全く異なる役柄ですが、自然な演じ分けで、役者さんだなあ、と思います。

 

まだ書きたいんだけど疲れた…(笑)

また更新しよっと。

 

 

 

次期花組トップコンビの先行画像とポスターが出た(だいぶ前に)

出ましたね。

 

花組公演 『哀しみのコルドバ』『Cool Beast!!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

まどかちゃん、めちゃくちゃ可愛くないですか?

先行画像は結構大人っぽかったけど、ポスターはまた愛らしくて…!メイクも少し変わったよね。お肌がつやつやで綺麗。

目がね、丸くてくりっとしてて可愛いのです。お鼻も品よくつんとして。星風まどか万歳!!!といった感じです。

 

全く音沙汰がないので、どうしてるのかなーと毎日気にしてました(今も気にしてますよ!)。だから画像が出て本当に嬉しい!待ってたよー!という気持ちでした。

 

で、れいちゃんとの並び。合うなあ、と思いました。合わせるぞ!!みたいな2人の意志も勝手に感じる(笑)

なんでまどかちゃんの隣が真風さんじゃないんだろう?っていう違和感と寂しさはまだあります。でも、よくお似合いの二人だと思います。

 

まどかちゃんって、主人公オーラを纏うタイプの娘役さんだと思う。

真風さんはそれをも包み込んでくれるみたいな…役の関係性もそういうのが多かったよね。1人でも生きていけるくらい強いけど、どこか硬いところのある女の子/女性を解きほぐしてあげるような。もうそれが本当にときめきだったのよ!これはいつか語ります。

で、れいちゃんとの並びはどうかというと、2人でばーんっ!ていう感じかな、と。主人公と主人公です!みたいな(笑)まあ写真のレイアウトの影響もありますけど。2人はどんな演目が似合うコンビになるでしょうか。楽しみです。

 

もうすぐ宙組初日…まどかちゃんもあおいさんもいないことが信じられないし本当に複雑な気持ちですよ!私が宙組ファンになったきっかけはまどかちゃんですから。まどかちゃんと宙組生の関係性も大好きでたまらないし。あおいさんはというと、私の第一次ヅカファン期にも宙組にいらっしゃいましたし、すっしーさんと並んで宙組にいらっしゃるのが当たり前の存在でしたし…。

と言いつつ、キキちゃんファンでもあるので、毎日楽しみで仕方ない自分もいます。初日を指折り数えながら、エアマカロンシャンシャンペンライトをずんそらららの振り付け動画に合わせて毎日振ってます(ずんそらららという人選に感謝しかない。ららちゃん辞めないで)。

 

で、まどちゃん花組トップ娘役就任も、あと2週間ほどなのです…!なんだかんだで!

まあすぐには表に出てこないかもしれませんが、グラフや歌劇にも今年後半にいろいろ出るでしょうし(来月の歌劇の予告では、ポートレートが出るようですね♡)、いろんな意味でどきどきのスカステ開局記念番組もある。早くお元気な姿を拝見したいものです。

 

ところで、ああ、梅芸コルドバのチケットが当たらない……

 

6月24日追記:コルドバチケット、取れたよ〜!!!!!!以上

 

トップコンビ制度が好きなんだ、という話

今年の2月くらいに書いていたもの。

 

 

トップコンビっていいなあ、としみじみ思うことが最近増えました。
これはやっぱり、トップコンビやトップ娘役の退団、異動が続くからかな。

 

また、南風舞さんが峰さを理さんに宛てられたブログがとても印象深かったのです。

 

「人にはわからないかもしれないけれど、本当に可愛がって下さった」
「その時はまた相手役にしてください。
ちゃんと髪の毛綺麗にするから。
ちゃんとマニュキア塗るから
太らないように頑張るから。」

https://ameblo.jp/tinkerbell24/entry-12654256494.html

 

トップコンビの関係性はそれぞれで、一概にこういうものとは言えないだろうけれど、南風舞さんのブログはいたく心に響きました。

 

私は宝塚のトップコンビ制度がたまらなく好きなんですが、トップコンビ制度の魅力ってなんだろう〜。

 

新しいトップコンビが発表されると、2人の相性について議論が巻き起こったりする。
〇〇さんには××さんが合うとか合わないとか、この演目をするなら××さんよりも△△さんが良かったんじゃないか…などなど。

 

トップコンビは固定しない方が良い、という意見を聞くこともありますし、まあ確かにその方が演目の幅は広がるのかなと思いつつ(トップコンビ制度を持たないOSKにも最近興味を持ち始めたこともあり)、私はやっぱり宝塚にトップコンビ制度は必要だと思ってます。
というか、私はトップコンビ制度がただただ好きなんですよ!

 

多くの演目で、トップコンビは恋愛感情のもとに結ばれるじゃないですか。
演じる人は同じで、いろんな役柄で結ばれるって素敵ですよね。
さらに、中の人の関係性の深まりを重ねて見ることができる、というのが宝塚の面白いところだと思う。

 

コンビになると、同じシーンに出ることが増えるし、他の仕事も一緒になることが多いので、過ごす時間が必然的に増える。そういう環境下で、信頼関係が見えると、ファンも安心しますよね。この2人はお互いのことを分かっているんだな、だからきっと仲良く仕事できているはず、という安心感。

 

また、コンビを組んだ上で自分の魅力をお客さんに伝えるには、まず相手役をさらに美しく見せられることが必須だと思います。それができたら、自分自身も男役/娘役として粋に見える。素敵。

誰かと誰かが力を合わせて、1人じゃ成し遂げられないようなことができたり、それぞれの力をより発揮できたり、そういうのを見ると、なんかときめいちゃうんだよね…。

 

人をエンターテインメントとして楽しむのは抵抗があるのですが(と言いつつ、生身の人間のオタクをしている…ここをどう自分の中で線引きするか悩んでます)、トップコンビとは、宝塚という世界、物語を形作るものの一つだと思う。


トップコンビはいろいろな事情を鑑みて組むし、それぞれいろいろあると思うのですが、関係性の一つのゴールを見せてくれる場合もある。


まあ、人間関係のゴールってなに?と言われると難しいけど(笑)

お互いを理解する努力をし、分かちあい、互いを尊重し、同じ方向を向いて進む。
この関係性自体に憧れを抱く人は多いと思う。というか私がそうです。

 

それが、同性間で育まれるというのが、またロマンティックなのかもしれません。

女性って、どうも家庭の中での役割を与えられがち。母とか娘とか妻とか。そういうもの全部取っ払った女性と女性の繋がり。シスターフッドってこういうことを言うのでしょうか。

 

プリキュアセーラームーンみたいなものかもしれませんね。

プリキュアとかセーラームーンも、ほぼ毎回同じメンバーで活動するから面白いのかな、と。関係の深まりが戦闘シーンとかで発揮されますよね。

 

同性間の関係性、と書きましたが、宝塚のトップコンビは、現実世界の男女関係と重ねて見られることも多いです。旦那と嫁とか、新婚夫婦、とか。

 

私はこういう言葉を使いたくない派ですが(家父長制とかに割と敏感?なので、そういうラベリングはしたくない)、でも使いたくなる気持ちはよく分かるのです。"男"役と"娘(女)"役が恋愛劇を見せる、しかもそのコンビは大抵の場合固定されてるんですもん。

少女漫画に出てくるカップルに憧れるような気持ちもあるかなーと思います。

トップコンビとは、芸名の2人の関係性と、そこから透けて見える(ような気がする)本名の2人の関係性と、舞台上のフィクションの三層を楽しむもの、かな?

 

でも今後、トップコンビってどうなっていくんでしょう。

 

・2人が固定のカップルというのも古い考え方になる?

・トップコンビ制度はいつまで社会的な価値を保てる?
・男役娘役という関係性に固執するのは良いの?
・男役と男役、娘役と娘役、というカップルの可能性はある?
・男役が先輩、娘役が後輩 このお決まりは崩せないの?

 

などなど、考えないといけないことはたくさんあるような気がします。宝塚という文化はこれからも愛されてほしい、だからアップデートすべきところもある。どういう風にこの文化が続いていくか、見守っていきたいものです…。

 

 

雪組「fff -フォルティッシッシモ-」@宝塚大劇場&東京千秋楽配信

いつの話やねん!という感じですが、4月中旬に一応途中まで書いてたんですよ。

 

上田久美子先生の本は、登場人物がみんな魅力的。特に娘役を魅力的に描けるのは素晴らしいことだと思っています。

ストーリーもストレスなく見られる。宝塚に限らずですが、ストーリー自体はいいのに、ちょっとした表現によって物語への集中を妨げられることもあります。しかし個人的に、今のところウエクミ先生の演出された作品でそういうのはない。

 

fff、よかったです。ロシアでルイとナポレオンが語り合うシーンまでは(おい)。

そこからがなんかちょっと引っ掛かったんです。

私は世界史選択だったけど、ナポレオンがしたこととかは全然覚えてなくて(笑)

ふーん、皇帝になりたかったのね、と思って見てました。で、彼は理想を達成するために戦争を行う。多くの人が犠牲になる。

でね、ロシアのシーンで、戦争の隊列と音楽のリズムが一緒だ!…みたいな話をするじゃないですか?

あ、そこ被せちゃっていいんだ?って思ったんです。戦争も芸術だ!みたいな。ちょっと違和感。

ルイがそこで興奮するのもよく分からなかった。ナポレオンが崇高な理想を持っていることが分かったから、尊敬の念を取り戻すのはよく分かったけど!

あそこはルイの精神世界の話だから、そんなに突っ込んで考える必要はな…あるでしょ!!(笑)あのシーンは重要でしょ!(セルフツッコミ)

でもね、お互いに好きな作家を叫び合うところはとても好きだった。表出した形は違うけれど、お互い同じものを読んで、同じ理想を掲げて必死に生きてきたんだな、と感じました。

ルサンク買って台本読んでみようかな。あとみなさんのブログとか。ナポレオンに関する本も読んだほうがいいんだろうけど、読む気力はない…。

 

謎の女ちゃんの正体も分かるわけだけど、ルイを殺すことに抵抗を示してるのもよく分からなかった。

でも大千秋楽見てやっと気づきました。

謎の女ちゃんはルイでもある。だから、死を促しながらも何かを恐れているような謎の女ちゃんは、つまり自分の自殺願望に必死で抵抗しようとしているルイの意思の現れなのか!と。

そして自分の運命を受け入れたルイは、自分の苦しみ悲しみ絶望を抱き締めて、歓喜に至る。

 

で、やっぱり最後が唐突だったな…。彼の音楽によって、彼も彼の周囲の人も、そして後世に生きる私たちも救われたことを示してるのかな、と思うんですが、大千秋楽の日まで、結局私は気持ちがついていけないままだった…。ハッピーエンドだという認識ではある。

お父さんとメッテルニヒがニコニコ歌ってましたけど、そこにお父さんがいるのも許せなかった(笑)子どもに暴力を振るうお父さんは悪ですもん、ルイ、そんなお父さんは許さなくてよろしい!!だけど、そんな過去も全て昇華して歓喜に至ったということなのでしょう。

トップの退団公演であるということを踏まえれば、アリかなあ。先生も、トップの退団公演だからこそこういう演出をしたのだろうし。

 

だいきほという、宝塚の歴史でも随一の、実力に穴のないトップコンビの退団作品にこの作品を当てたのは、素晴らしい選択だったと思うけれど、正直寂しさもありました。個人的にはね。

ルイと謎の女は、2人でひとつ。この役をトップコンビに当てるのは餞別として素敵だし、のぞみさん真彩ちゃんに対する信頼も感じました。

実際、観る前までは、なんて素敵なキャラクター設定だろうと思ってたんです。真彩ちゃんがのぞみさんの「人生の旅の友」なんて、真彩ちゃんは相手役として嬉しいだろうなあ、と。

でも私が宝塚で見たいのって、異なる2人の人生が交わっていくストーリーなんだな、と観劇して気が付きました。

別々の環境で育ってきた男と女が出会って…というストーリー。別に恋仲にならなくてもいいんですけど、別々の2人が歩み寄っていくストーリーが好きなんですよねー。

完全に私の好みの問題です。

 

あと書いておきたいのは、ロールヘン、ジュリエッタ、小さな炎、執事。

 

まず視覚的な話ですが、ロールヘンが水色のドレス、ジュリエッタが赤色のドレスを着てルイを囲むところ、ただただ美しかったなあ…。私自身は、上田久美子先生のそういうセンスに絶対的な信頼を置いています。

上田久美子先生は、キーとなる娘役(主演男役から想いを寄せられる役かな?)には水色を着させるというツイートをどこかで見かけた。私は全作品見てるわけじゃないけど、確かにそうかも。なんで水色なんでしょうね。

 

ロールヘンの「ルイ、ルイ、大丈夫よ わたしここにいるわ」という歌が大好きでした。

ロールヘンの温かさ、家族のようにルイを想う気持ちが伝わってきて。その温かさが、ルイにとっては時に残酷でもあっただろうけど。

希和ちゃん(朝月希和さん)はわたしあんまり見たことないんだけど、上級生らしく、大人のしっとりしたお役が似合いますね。

トップ娘役就任、おめでとうございます。

 

ジュリエッタの夢白ちゃんもよかったー!

硬質な美しさが際立ってました。やっぱりふとした瞬間、となみちゃん(白羽ゆりさん)に似ている。でももっと硬くて(←良い意味で)ひんやりした感じの美しさ。

耳が聞こえなくなったルイが指揮を強行して、それを止めるジュリエッタが好きでした。

ムラでは結構「え、他人事なの??」っていうレベルであっさり冷たい止め方だった気がしてたんだけど、大千秋楽を配信で見たら、もっと戸惑いとか、ルイが指揮できなくなったことへの悲しさとかを感じられるようになっていた気がする。

 

小さな炎。

とっても素敵でした…!

小さな炎がルイの元に現れたとき、心から感動しました。ルイはこの炎を携えて、暗闇も超えていこうとした。途中で消えてしまったりもしたけれど、ルイの希望であり生きる力。そして学問の可能性を感じさせてくれた。

笙乃茅桜さんは小柄ですが、かわいらしくて力強い!退団、寂しいです。

 

ゆめ真音さん演じる執事。

初見のとき、ここで泣いちゃったよー。

ルイは、労働の対価と、本=知識を得て、自らで自らの道を切り開いていく希望、力を見つけたんだね。

それまでは自分の才能を親に搾取され、体力的にも精神的にも死にたいと思うくらいに辛かった、でも一筋の光を見出した瞬間。

執事ってつまり使用人という立場だと思うんだけど、貴族の夫人ではなく執事から本が渡される、っていうのが良いと思った。

そしてゆめさんの演技がとても好きでした。短いセリフだけど、慈愛に満ちた優しい声。こちらも非常に退団が惜しいです…ちょうどスチールを見て、気になっていたタイミングでもあったので。早速再始動されていて嬉しいけれど、もっともっと宝塚で見たかった!

 

ということで、ざっと感想を書いてみた。

シルクロードも書けたらいいけど、もう記憶が…円盤ないし…。